Google+ リラックスや集中に役立つ腹式呼吸法を身につけよう-横浜こころの森カウンセリング ~ACや抑うつをケアします~

リラックスや集中に役立つ腹式呼吸法を身につけよう

リラクゼーションや集中力アップとして、腹式呼吸を身につけると、とても効果があります。

緊張したり興奮すると、呼吸は無意識に浅い胸式呼吸になってしまいます。
そうなると、頭がボーッとしたり、こころも不安定になりやすくなります。

呼吸は普段は無意識でしていますが、意識でも簡単にコントロールできる唯一の機能です。

緊張したり興奮すると、息を吸うことに意識がいきますが、リラックスするには吐く息を意識することが大切なのです。

その吐く息を意識的に長くして、お腹でゆっくりしていくのが腹式呼吸です。

さて、腹式呼吸と言っても、さまざまなやり方がありますが、私が実際にやっているやり方は、あの『声に出して読みたい日本語』で有名な齋藤孝先生の呼吸法を参考にしたものです。

とてもシンプルでわかりやすいので、身につけやすく実際に役立つのでお勧めです。

やり方は、お腹を膨らませて3秒で息を吸って、2秒無理なく止めて、お腹をへこませながらゆっくりと15秒息を吐いていくだけです。

つまり、3・2・15のリズムで腹式呼吸をします。

これをできれば、5セットとか10セットとかやってみましょう。

段々と気持ちが落ち着いてくるはずです。
慣れてくると、とても気持ち良くなれる実感があるはずです。

コツとしては、最初は吐く息が15秒ももたないはずですから、10秒でも十分ですから吐く息を長くすることを意識しましょう。

そして、自分の中に溜まっていたモヤモヤや悪いものが、外へ流れ出ていくイメージをしていきましょう。

腹式を意識するために、手の親指と人差し指で逆三角形をつくり、その中心に“おへそ”置いて、お腹を使った呼吸を感じるのも良いでしょう。

リラックスだけではなく、集中力もアップしますので、いつでもどこでも使えるように身につけると大変役立ちます。

電車の中でも、仕事の合間でも、寝る前でも、どこでもできますので良かったら試して見て下さい。

★応援ありがとうございます。さらなる情報提供の励みになります。
人気ブログランキングへ

【カウンセリングご希望の方へ】
“ひとり”で悩まないで、ご相談下さい。
ご一緒に、お悩みやその問題と向き合っていきましょう。
心が楽になって、“なりたい自分”にきっと変われるはずです。

関連記事:

Tags: , , , , , , , , , , , , , , , ,

カウンセリングルーム

プロフィール

profile photo 2016

中村はじめ
1968年生まれ 男性
心理カウンセラー
精神保健福祉士(国家資格)・認定心理士
横浜(個人開業)及び杉並区(メンタルクリニック勤務)を中心に心理カウンセラーとして活動中。

※詳しくはプロフィール

カウンセリングご希望の方へ
詳しくはこちらをご参照ください。

<スマートフォン/携帯HP>
QRコード

No tags for this post.
2017年8月
« 7月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031