Google+ 【北風と太陽】が教えてくれる真の解決や変化とは-横浜こころの森カウンセリング ~ACや抑うつをケアします~

【北風と太陽】が教えてくれる真の解決や変化とは

テーマ~心にプラスな物語・言葉~です。

今回は、皆様ご存じの【北風と太陽】(イソップ寓話集)です。

敢えてご紹介したいと思うのは、心理カウンセリングをしていると、まるでこのお話のような事がよくあると感じるからです。

まずは、【北風と太陽】のお話から。

**********************************

北風と太陽が自分の力の強さについて言い争っていました。

そこでどちらかが、旅人を裸にさせたものが勝ちだということにしました。

まず北風から始めて、烈しく風を吹きつけました。

旅人は着物をしっかり押さえますので、北風はいっそう強く吹きつけました。

しかし、旅人は寒さに弱らされて、さらに着物を余計に着込みました。

次に太陽は最初、ほどよい加減に照りつけました。

旅人は余分な着物を脱ぎましたので、太陽はもっと強く暑さを増しました。

とうとう旅人は暑さに堪えることができず、着物を脱ぎ捨て、水を浴びに河に入りました。

**********************************

旅人はそもそも寒いのですから着物を着ているわけですね。
それを力ずくで脱がせようとしているのですから、強引なコントロールをしようとしています。

ちょうど、心の奥底では自分自身にわかって欲しい感情や気持ちや感覚があるのにもかかわらず、『こんなことをしていられない!』『早く何とかしないといけない!』などと頭で考える自分が、それらに蓋をして心と身体を強引にコントロールしようとする姿に似ているのです。

結果、かえって状態は悪い方へ向かってしまうのです。

また、北風が子供をコントロールしようとする親御さんで(可愛い子供のためと思って悪気がない事が多いのですが)、旅人はそういったご両親の言うことを聞かない問題児と呼ばれてしまう子供だったり、理由がわからずに不登校になってしまう子供の姿にも当てはめることができます。

これも北風をいっそう強く吹きつけても、かえって問題解決から遠くなってしまうのです。

一方、太陽は旅人が望んでいるもの、つまり暖かさを届けました。

このように、もし問題がこじれてしまっている時には、表面上の問題を強引にコントロールしようとするのではなく、まず問題の根源にあるものを感じようとする姿勢が必要になってくるのです。

そして、必要なものを満たしたり届けたりすることによって、自分自身や子供さんなどの対象は、自然と真の解決や変化へと向かっていくのです。

★応援ありがとうございます。さらなる情報提供の励みになります。
人気ブログランキングへ

【カウンセリングご希望の方へ】
“ひとり”で悩まないで、ご相談下さい。
ご一緒に、お悩みやその問題と向き合っていきましょう。
心が楽になって、“なりたい自分”にきっと変われるはずです。

関連記事:

Tags: , , , , , , , , , , , , , , , ,

カウンセリングルーム

プロフィール

profile photo 2016

中村はじめ
1968年生まれ 男性
心理カウンセラー
精神保健福祉士(国家資格)・認定心理士
横浜(個人開業)及び杉並区(メンタルクリニック勤務)を中心に心理カウンセラーとして活動中。

※詳しくはプロフィール

カウンセリングご希望の方へ
詳しくはこちらをご参照ください。

<スマートフォン/携帯HP>
QRコード

No tags for this post.
2017年11月
« 10月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930