Google+ 偉いお坊さんが教えてくれる“こだわり”について-横浜こころの森カウンセリング ~ACや抑うつをケアします~

偉いお坊さんが教えてくれる“こだわり”について

“心にプラスな物語・言葉”というテーマを作っています。

その名の通り、心にプラスになりそうな物語や言葉などをご紹介して、コメントしていきます。

さて、ある本にこんな宗教エピソードが書いてありました。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

ある偉いお坊さんが何人かの弟子たちと旅をしていました。

ある時、大きな川を渡らねばならなくなったのですが、そこに一人の女性がいます。
女性は、自分の力ではこの川を渡れそうもないので、どうか向こう岸まで抱いて渡してくれないかと言うのです。

弟子たちは、とんでもないことと、女性の申し出を断わりました。
女人に触れることは、宗教の戒律により禁じられていたからです。

ところが、えらいお坊さんは、いとも気楽にその申し出を受け入れ、女性を抱いて、バシャバシャと川を渡り始めたではありませんか。

弟子たちは、あわててお坊さんの後をついていきました。
向こう岸で女性をおろした後、お坊さんは何食わぬ顔で歩き始めます。

弟子たちは、悶々とした不全感を抱きつつ、お坊さんの後を歩きます。
しかし、とうとう我慢できなくなった弟子の一人が、お坊さんに問いました。

何故あなたは女人に触れたのか?あれは戒律違反ではないのか?
堰を切ったように他の弟子たちも、口々にお坊さんを問い詰めました。

お坊さんはびっくりして、弟子たちに言いました。

「なんだ、お前たちはまだあの女性を抱いておったのか。ワシはもう抱いていないよ」

この時、弟子たちは悟りを開いたということです。

( セラピスト入門 / 東豊著 あとがきより抜粋 )

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

心が“こだわり”に縛られて苦しんでいる時、その人を周りの人が見ると、自らその“こだわり”をつかんで離さないようにしていると感じることがあります。

もちろん本人は気づいていなかったり、お話を深く聴くと無理もない理由があったりするのですが…。

あなたの持つ“こだわる”お悩みは、シンプルに感じると、もしかしたら上記の話のようなことかも知れません。

ただし、強力な“こだわり”の場合は、カウンセリングに来て下さい。

★ポチっと応援ありがとうございます。さらなる情報提供の励みになります。

人気ブログランキングへ

【カウンセリングご希望の方へ】
“ひとり”で悩まないで、ご相談下さい。
ご一緒に、お悩みやその問題と向き合っていきましょう。
心が楽になって、“なりたい自分”にきっと変われるはずです。

関連記事:

Tags: , , , , , , , , , , , , ,

カウンセリングルーム

プロフィール

profile photo 2016

中村はじめ
1968年生まれ 男性
心理カウンセラー
精神保健福祉士(国家資格)・認定心理士
横浜(個人開業)及び杉並区(メンタルクリニック勤務)を中心に心理カウンセラーとして活動中。

※詳しくはプロフィール

カウンセリングご希望の方へ
詳しくはこちらをご参照ください。

<スマートフォン/携帯HP>
QRコード

No tags for this post.
2017年5月
« 4月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031