2022年 7月

<心理カウンセリングに関する、よくある質問疑問です>

今回は、心理カウンセリングの料金についてです。

カウンセリングの料金は、今現在では健康保険が適用されていないことがほとんどです。
ですから、原則としてクライエントさんには相応の金額の負担があります。

大体の目安の料金になりますが、45分で5000円~8000円前後になります。

現在私が勤めているメンタルクリニックではおおよそ30分で5000円、45分で7500円、60分で10000円(税抜き)で行っています。

時間はきっちりとした枠組みではなく、例えばお話の区切りがついた時間が40分であれば30分の料金を頂くような、比較的柔軟な対応をしています。

しかし、その辺の取り決めは、カウンセリング機関やカウンセラーによって異なりますので、あくまでも参考までにお願いします。

ちなみに、私自身は横浜で、初回 80分 7000円、2回目以降 60分 6000円 で行っています。
時間は比較的柔軟に対応しています。

対面のカウンセリングとは少し形態が違いますが、認知行動療法のグループ療法や復職プログラムでは、一人当たりの料金はもう少し格安になるところが多いです。

家族療法の複数での面接では、もう少し長い時間での料金設定になっているところもあります。

また、大学内で行われているカウンセリングは、大学側が料金を負担するため無料のところが多いようです。
会社によっては、外部のカウンセリング機関と契約を結び、会社側や健康保険組合が料金を一部負担してカウンセリングを受けられるところもあるようです。

詳しい料金については、事前にカウンセリング機関に問い合わせて確認するのが一番でしょう。

また、初回の面接において、カウンセリングの方針や方向性をきちんと示してもらい、金額に見合うだろうと納得されたら、継続するのも良い方法かも知れません。

【カウンセリングご希望の方へ】
“ひとり”で悩まないで、ご相談下さい。
ご一緒に、お悩みやその問題と向き合っていきましょう。
心が楽になって、“なりたい自分”にきっと変われるはずです。

Tags: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

前回、思考レベルと感情レベルで『分かる』ことの違いについて書きました。

カウンセリングの内容はよく理解されないことが多いのですが、その大きな一つにこの“感情レベルで分かっていく”こと、“腑に落としていく”ことがあるのです。

それによって言動や習慣、自分自身を実際に変えていくのですから、そのプロセスは思った以上に地道な作業の繰り返しを含みます。

しかし、それを繰り返すことで確実に自分の基盤の部分が変わってきます。

ですから、できれば“思考レベル”の頭ですぐ判断せずに、都合の良い間隔で構わないので、定期的にカウンセリングを続けて頂くときちんとした効果が出るはずです。

実際、楽に変われる人や結果的に早く変われる人は、定期的にお話をしながら地道なプロセスを経ていくことが多いです。

とは言え、なるべく早く楽に変われるようにアプローチするため、私も日々努力しています。

【カウンセリングご希望の方へ】
“ひとり”で悩まないで、ご相談下さい。
ご一緒に、お悩みやその問題と向き合っていきましょう。
心が楽になって、“なりたい自分”にきっと変われるはずです。

Tags: , , , , , , , , , , , , , , ,

『分かる』ということには、“思考レベル”と“感情レベル”の次元があります。

“思考レベル”で分かるとは、文字通り頭の中で考えて理解する次元になります。

“感情レベル”で分かるとは、心の深い部分に落とし込んで理解し、実際に言動や習慣が変わってくるような、いわゆる腑に落ちてくる次元になります。

本やHPで情報や知識を得て、思考レベルの頭で理解しても、自分は実際にはほとんど変わっていないことはよくあるでしょう。

たとえ変わっても一時的で、直ぐに自分が元に戻ってしまうことが多いのも同じで、
“感情レベル”では本当は分かっていない、腑に落ちて分かっていないのだと思います。

次回は、その『分かる』という事とカウンセリングについて書きます。

【カウンセリングご希望の方へ】
“ひとり”で悩まないで、ご相談下さい。
ご一緒に、お悩みやその問題と向き合っていきましょう。
心が楽になって、“なりたい自分”にきっと変われるはずです。

Tags: , , , , , , , , , , , , , , , , ,

「仕事で人が大勢いる部署に転属になったら、何だか周りから責められているような感じがしてきて怖くなってきた。だから他人の視線が怖いんです。」

「大学生になった頃から突然、自分の言葉遣いや服装がこれで良いのか気になり出し、親に大丈夫か何回も確認するようになって苦しい。」

これを聞いた親や周りの人は、

「大丈夫よ。誰も責めてなんかいないし、あなたの事をよく見てなんかいないから。」

「大丈夫よ。何もおかしくないから自信を持ちなさい。そんなに他人は気にしていないんだから。」

等とアドバイスを返すことが多いでしょう。

実際に、アドバイスされたような“現実”が本当のところなのでしょうが、上記のようなお悩みがこじれている場合だと、本人はそういったアドバイスでは納得がいきませんし、実際に怖かったり気になったりすることは何も解消されないのです。

それは、本人が訴えていることが“現実”としてどうなのかとは別次元で、自分自身の心の中の現実=“心的現実”として、言わば心の中のイメージとして事実のように本当に感じていて、またその人の心の深層に関わっていることだからです。

たとえば上述の例では、

人が大勢いる部署への転属を機に、実はほとんど自己主張ができなかった人が、自分自身の主体性を試されるようになり、それが他人の視線に投影して怖くなっているのかも知れませんし…。

大学生になってアイデンティティーを確立していく際に、以前から持っている強い劣等感や依存的な傾向が影響し、服装や言葉遣いといった外的基準に代償的にこだわるようになっているのかも知れませんし…。

そういった心の深層がイメージとして“現実”に投影され、“心的現実”を生きざるを得なくなっているのです。

その人の“心的現実”を深く理解し、その内容をきちんと受け止めて聴いていくには、心理カウンセラーが身に付けた専門的な知識と聴き方が必要になってくるのです。

(※この例は、実際によくある例を私が分かりやすく創造したもので、決して個人的な内容ではありません。)

【カウンセリングご希望の方へ】
“ひとり”で悩まないで、ご相談下さい。
ご一緒に、お悩みやその問題と向き合っていきましょう。
心が楽になって、“なりたい自分”にきっと変われるはずです。

Tags: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

前回は、心の奥底にある人生の脚本について書きましたが、今回はその脚本の中身をもう少し詳しく見ていきましょう。

周りの世界が自分に対してネガティブに感じられ、実際に人生が思うようにうまくいかなくてお悩みのクライアントさんは、【禁止令】を含む脚本を持っています。

前回の例を見ていくと、『自分は愛情を貰えなくて幸せになってはいけない』『他人から受け入れられなくて認められない』といった『自分は〜してはいけない存在だ!』という【禁止令】です。
他に例を挙げると『自分はあるがままの自分ではいけない』とか『弱い自分であってはいけない』など、同じように【禁止令】を含んだ脚本になります。

またこの【禁止令】と表裏一体に、『〜であらねばならない』というクライアントさんを駆り立てる【ドライバー】という観念がセットになっていることが多くあります。

例えば、『自分はあるがままの自分ではいけない』の裏には『常に良い子であらねばならない』とか、『弱い自分であってはいけない』の裏には『人に頼ったり甘えたりしてはならず、常にしっかりとした自分であらねばならない』といったクライアントさんを駆り立てる【ドライバー】があるのです。

これでは自分自身の本来持っている全体性を認めることができず、心が苦しくなるのは当然です。
そして抗ってもその脚本通りに人生が動いていってしまいます。

カウンセリングではまずそういった【禁止令】や【ドライバー】に気づき、自分の全体性を受け入れられるような体験を少しずつ繰り返しながら、やがては【禁止令】を根本的に書き換えるプロセスをご一緒に行くこともあります。

【カウンセリングご希望の方へ】
“ひとり”で悩まないで、ご相談下さい。
ご一緒に、お悩みやその問題と向き合っていきましょう。
心が楽になって、“なりたい自分”にきっと変われるはずです。

Tags: , , , , , , , , , , ,

あなたの人生の脚本にはどんなことが書かれているでしょうか?

心理療法の一つであるエリック・バーンが提唱した交流分析の中に脚本分析があります。

人生の脚本とは、楽なものだと『自分は人から愛情をもらえて幸せになれる』とか『他人から受け入れられて社会でも認められる』になります。
実際に世界がポジティブに感じられ、人生がそのようになってくるものです。

逆に苦しい脚本だと、『自分は愛情をもらえず幸せになれない』とか『他人からあまり受け入れられなくて認められることも少ない』になります。
こちらも実際に世界がネガティヴに感じられ、人生がそのようになってきます。

この人生脚本は言わば、心の奥底の【自分の存在】に紐付けされて書かれているものなので、普段意識できない無意識で働いて、たとえ意識で何とか変えようと努力しても根本的には変えられずに苦しむことが多いのです。

そしてなかなか人生を変えることができず、同じ過ちや失敗を繰り返すことになってしまいます。

カウンセリングではそのような人生の脚本に気づき、ご一緒にその脚本を楽なものへと書き換えていくプロセスを行なっていくケースも多くあります。

【カウンセリングご希望の方へ】
“ひとり”で悩まないで、ご相談下さい。
ご一緒に、お悩みやその問題と向き合っていきましょう。
心が楽になって、“なりたい自分”にきっと変われるはずです。

Tags: , , , , , , , , , , ,

前回は、過干渉にされると執着的な愛情に心が混乱し、自主的に生きることがうまくできなくなることを書きました。

では、過干渉にしてしまう親にはどのような事情があるのでしょうか?

もちろんそれぞれ事情は違いますが、多いのは親自身が強い不安を抱えているがそれと向き合う事ができずに、無意識に子供へ過剰に関わる事で安心感を得てバランスを保とうとしているケースです。

さらに見ていくと、ご両親の夫婦関係に何らかの問題があって、お母様が不安を抱えているケースが多いです。

母親はとくに第一子に関しては元々不安が強いところがあって当然なのですが、以前から自分自身が抱えている不安や夫婦の問題が関係している不安が重なると不安定になりやすいのです。

夫婦の問題を見ていくと、ご主人が単身赴任などの事情があったりしますが、きちんと家族の中に入って関わろうとしないことが多く、母親が孤立していて責任感を重く感じ不安にさいなまれていることが多いです。

もし過干渉にしてしまっている自分に気づいたなら、まず自分の不安をよく感じてあげて、誰かに助けを求めたりサポートを受けたりして見て下さい。

過干渉にしてしまう自分を意識できるようになるだけでも、子供へのその影響は確実に軽減されてくるはずです。

【カウンセリングご希望の方へ】
“ひとり”で悩まないで、ご相談下さい。
ご一緒に、お悩みやその問題と向き合っていきましょう。
心が楽になって、“なりたい自分”にきっと変われるはずです。

Tags: , , , , , , , , , , , , ,

暴力・暴言や無関心といった明らかに問題と分かる環境で育った人がいます。

一方、親から愛情は確かにあるものの、過剰に心配されたり世話を焼かれたり、と言った過干渉にされて育った人もよくカウンセリングへご相談にお見えになります。

他人の期待や感情に縛られて、自主性をうまく発揮できず対人関係に難を抱えながら、自分を楽に生きれないというお悩みがほとんどです。

過干渉にされてしまうと、どこまでが真の愛情で、どこからが過剰なのか見極めがつかず心は混乱します。過剰な部分は執着的な愛情に感じます。

また過剰に世話を焼かれてしまうと、自分でやりたい事・やった方が良い事をする機会を失ってしまうので、どうしても必要以上に依存的になってしまったり、自分で何かやろうとしても怖いイメージが出てくるようになります。

適度に冒険をして自主的に生きる機会を失っていくので、過干渉は結果的には「自分を生きてはいけない」というメッセージとなってしまいます。

ですから、自分を生きようとすると罪悪感が強く出てくることもあります。

そういった内容をよく聴きながらカウンセリングを進めていくのですが、他人の期待や感情を優先し過ぎていないか、そして自分自身の本当の欲求や感情は何なのかを、まず意識していくことが大切になります。

【カウンセリングご希望の方へ】
“ひとり”で悩まないで、ご相談下さい。
ご一緒に、お悩みやその問題と向き合っていきましょう。
心が楽になって、“なりたい自分”にきっと変われるはずです。

Tags: , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

カウンセリングルーム

プロフィール

中村はじめ
1968年生まれ 男性
心理カウンセラー
公認心理師(国家資格)
精神保健福祉士(国家資格)
横浜(個人開業)及び杉並区(メンタルクリニック勤務)を中心に心理カウンセラーとして活動中。

※詳しくはプロフィール

カウンセリングご希望の方へ
詳しくはこちらをご参照ください。

<スマートフォン/携帯HP>
QRコード

No tags for this post.
2022年7月
« 6月   8月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031