交流分析の記事

前回は、心の奥底にある人生の脚本について書きましたが、今回はその脚本の中身をもう少し詳しく見ていきましょう。

周りの世界が自分に対してネガティブに感じられ、実際に人生が思うようにうまくいかなくてお悩みのクライアントさんは、【禁止令】を含む脚本を持っています。

前回の例を見ていくと、『自分は愛情を貰えなくて幸せになってはいけない』『他人から受け入れられなくて認められない』といった『自分は〜してはいけない存在だ!』という【禁止令】です。
他に例を挙げると『自分はあるがままの自分ではいけない』とか『弱い自分であってはいけない』など、同じように【禁止令】を含んだ脚本になります。

またこの【禁止令】と表裏一体に、『〜であらねばならない』というクライアントさんを駆り立てる【ドライバー】という観念がセットになっていることが多くあります。

例えば、『自分はあるがままの自分ではいけない』の裏には『常に良い子であらねばならない』とか、『弱い自分であってはいけない』の裏には『人に頼ったり甘えたりしてはならず、常にしっかりとした自分であらねばならない』といったクライアントさんを駆り立てる【ドライバー】があるのです。

これでは自分自身の本来持っている全体性を認めることができず、心が苦しくなるのは当然です。
そして抗ってもその脚本通りに人生が動いていってしまいます。

カウンセリングではまずそういった【禁止令】や【ドライバー】に気づき、自分の全体性を受け入れられるような体験を少しずつ繰り返しながら、やがては【禁止令】を根本的に書き換えるプロセスをご一緒に行くこともあります。

★応援ありがとうございます。さらなる情報提供の励みになります。
人気ブログランキングへ

【カウンセリングご希望の方へ】
“ひとり”で悩まないで、ご相談下さい。
ご一緒に、お悩みやその問題と向き合っていきましょう。
心が楽になって、“なりたい自分”にきっと変われるはずです。

Tags: , , , , , , , , , , ,

あなたの人生の脚本にはどんなことが書かれているでしょうか?

心理療法の一つであるエリック・バーンが提唱した交流分析の中に脚本分析があります。

人生の脚本とは、楽なものだと『自分は人から愛情をもらえて幸せになれる』とか『他人から受け入れられて社会でも認められる』になります。
実際に世界がポジティブに感じられ、人生がそのようになってくるものです。

逆に苦しい脚本だと、『自分は愛情をもらえず幸せになれない』とか『他人からあまり受け入れられなくて認められることも少ない』になります。
こちらも実際に世界がネガティヴに感じられ、人生がそのようになってきます。

この人生脚本は言わば、心の奥底の【自分の存在】に紐付けされて書かれているものなので、普段意識できない無意識で働いて、たとえ意識で何とか変えようと努力しても根本的には変えられずに苦しむことが多いのです。

そしてなかなか人生を変えることができず、同じ過ちや失敗を繰り返すことになってしまいます。

カウンセリングではそのような人生の脚本に気づき、ご一緒にその脚本を楽なものへと書き換えていくプロセスを行なっていくケースも多くあります。

★応援ありがとうございます。さらなる情報提供の励みになります。
人気ブログランキングへ

【カウンセリングご希望の方へ】
“ひとり”で悩まないで、ご相談下さい。
ご一緒に、お悩みやその問題と向き合っていきましょう。
心が楽になって、“なりたい自分”にきっと変われるはずです。

Tags: , , , , , , , , , , ,

カウンセリングルーム

プロフィール

中村はじめ
1968年生まれ 男性
心理カウンセラー
精神保健福祉士(国家資格)・認定心理士
横浜(個人開業)及び杉並区(メンタルクリニック勤務)を中心に心理カウンセラーとして活動中。

※詳しくはプロフィール

カウンセリングご希望の方へ
詳しくはこちらをご参照ください。

<スマートフォン/携帯HP>
QRコード

No tags for this post.
2019年11月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930